1974年(昭和49年),東京都江東区豊洲に小さな店がオープンした. セブンイレブンのコンビニエンスストア(コンビニ)だった. その後,コンビニは急拡大している. 一方,リーマンショック以降百貨店や大型スーパーは販売不振にあえいでいる.
船橋市湊町3丁目のローソン船橋埠頭店.
20130901_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1359_DSC0860320130901_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1359_DSC08606
コンビニエンスストア(コンビニ)は全国で4万店舗を超え,国内市場は10兆円(2013年度末予想)に達する勢いになっている.
20130815_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1436_DSC0591120130815_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1436_DSC05911T
コンビニは,年中無休24時間営業という便利さから,特に男性からの支持を受けている. 電力会社の電気料金やガスや上下水道などの公共料金の収納代行サービスもおこなっている. また,子どもや高齢者向けに,コンビニやガソリンスタンドなどを利用した公共的なトイレの設置も進んでいる. さらに,安心な機能がコンビニに追加となった...
.
20130815_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1438_DSC0591320130815_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1435_DSC05904
119番の連絡を受けてから救急車(救急隊)が現場に到着するまでの平均的な時間は6分強かかる. 1分遅れるごとに,救命率は約 10% ずつ下がっていく. そのすき間を埋めるのが AED だ. 5分以内に使用した場合の救命率は50% とされている. 2004年7月より,医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり,空港や駅,スポーツクラブ,学校などの公共施設など,人が多く集まるところを中心に設置されている. 船橋市の公共施設だけでも,すでに約300台が設置されている.
20130815_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1438_DSC0591220130815_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1435_DSC05907
AEDとは,自動体外式除細動器のことで,心室細動と呼ばれる不整脈(心臓のけいれん)によって動かなくなってしまった心臓に,電気ショックを与えることにより元の収縮を取り戻すもので,AEDからの,音声や表示に従えば,医療知識がなくても使える.
20130815_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1435_DSC0590920130815_船橋市湊町3_ローソン船橋埠頭店_AED_1435_DSC05908T
しかしながら,公共施設に設置された AED は,夜間や休日に使えないことが多い. そのため,以前から年中無休24時間営業のコンビニに設置したほうが効果が大きいというアイディアは出ていた. 船橋市は,市内の24時間営業コンビニエンスストアの196店に, AED を2013年8月1日から設置運用を始めた. ほぼ全店コンビニのに AED を置くのは千葉県内初となる. コンビニであれば,一般住宅で倒れても使える. このAEDの設置に使った事業費は約2200万円(5年間)となる.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2012年12月26日)拡大するコンビニ市場@セブンイレブン船橋駿河台1丁目オープン(2)
(2012年07月24日)拡大するコンビニ市場@ファミリーマート船橋湊町店が閉店か(1)
(2012年06月09日)千葉東京のローソンがつぎつぎにオープン@ローソン船橋米ケ崎町店(7)
(2012年05月02日)変わる郵便局@お酒が買えるJP千葉市美浜郵便局(1)
(2012年05月01日)千葉東京のローソンがつぎつぎにオープン@郵便ポスト(6)
(2012年05月01日)千葉東京のローソンがつぎつぎにオープン@ローソン浦安入船店(5)
(2012年05月01日)千葉東京のローソンがつぎつぎにオープン@ローソン船橋宮本店(4)
(2012年05月01日)千葉東京のローソンがつぎつぎにオープン@サンクス船橋埠頭店(3)
(2012年03月04日)千葉東京のサークルKサンクスがつぎつぎに閉店@サンクス船橋埠頭店(2)
(2012年03月03日)千葉東京のサークルKサンクスがつぎつぎに閉店@サンクス船橋宮本店(1)
(2009年10月27日)JR市川塩浜駅南口にホテルとコンビニが2009年11月24日オープン(3)