日本国有鉄道(国鉄)は,分割民営化によりJR東日本などの鉄道会社が1987年4月に発足した. 完全民営化になってすでに25 年がたち,新たな目標に向かって挑戦し続けるということから,JR東日本は長期経営構想『グループ経営ビジョン2020-挑む-』を示した.
JR京葉線海浜幕張駅北口.
20120407_JR東日本_JR京葉線_JR海浜幕張駅_1204_DSC0013520120407_JR東日本_JR京葉線_JR海浜幕張駅_1204_DSC00137t
その構想のひとつとして,省エネルギーや再生可能エネルギーなど環境保全技術(エコメニュー)を導入する取組みとして,駅舎の『エコステ』(エコロジーステーション)を始めている. エネルギーの地産地消を実現し,CO2 出をゼロとする『ゼロエミッション』を目指す. すでに,中央線四ツ谷駅や東北本線平泉駅を整備している.
20120407_JR東日本_JR京葉線_JR海浜幕張駅_1205_DSC00140t20120407_JR東日本_JR京葉線_JR海浜幕張駅_1205_DSC00141
今回,JR京葉線海浜幕張駅をリニューアル工事を行ない,エコステ対応駅となる. エコステ対応駅では,太陽光発電,小型風力発電,LED照明,自然光を活用,壁面緑化など環境に配慮した省エネルギー型のに変わる...
続きを読む