スウェーデン発祥の世界最大の家具販売店がイケア(IKEA)だ. そのイケアが,船橋市浜町2丁目の屋内スキー場ららぽーとスキードームSSAWS(ザウス)の跡地に直営1号店をオープンさせたのは 2006年4月24日だった. イケア船橋は,今年で6周年を迎えた.
20120713_船橋市浜町2_イケア船橋_バーゲンセール_2013_DSC0251520120713_船橋市浜町2_イケア船橋_バーゲンセール_2011_DSC02511
イケアは,イケア船橋オープン時に,まだレジ袋の有料化が浸透していない時期に手提げ袋などを用意しなかったため,初期のころはトラブルも多く発生していた. 今やエコ思考もあり,マイバックを持参するのも普通になってきた.
20120713_船橋市浜町2_イケア船橋_バーゲンセール_1955_DSC0250120120713_船橋市浜町2_イケア船橋_バーゲンセール_1955_DSC02500
今は紙製の手さげ袋も用意されているが,かなり重い商品も多いため,穴が開いたり切れたりすることもある.
20100829_IKEA_イケア_ナイロン買い物袋_意外な使い方_13020100829_IKEA_イケア_ナイロン買い物袋_意外な使い方_142
そこで活躍するのが,イケアオリジナルのスウェーデンカラーのブルーバッグとなる. 花見などで使うブルーシートと同じ素材を使っているため,かなり丈夫だ.
20100829_IKEA_イケア_ナイロン買い物袋_意外な使い方_16220100829_IKEA_イケア_ナイロン買い物袋_意外な使い方_112
このブルーバッグだが,かなり大きいためスーパーマーケットなどのエコバック用には向かない.
20100829_IKEA_イケア_ナイロン買い物袋_意外な使い方_31420100829_IKEA_イケア_ナイロン買い物袋_意外な使い方_292
そんな,ブルーバッグを別の用途として使って楽しんでいる人もいる.
ブルーバックを切り刻んでオリジナルのポーチやショルダーバックにした.
20100829_IKEA_イケア_ナイロン買い物袋_意外な使い方_28020100829_IKEA_イケア_ナイロン買い物袋_意外な使い方_182
そのブルーバッグに以外な使い方があった...
続きを読む