ビビット2013-2012

Vivit 2013-2012

幕張新都心基本計画

幕張新都心はどこへいくのか@幕張メッセ編(13)

千葉県第2次5カ年計画において,千葉海浜ニュータウン構想が立案されたのは,1966年(昭和42年)だった. その構想をもとに,海浜ニュータウン幕張地区の埋め立てが1973年着工した. その後,1975年に幕張新都心基本計画が発表され,522.2ha(中心地区 437.7ha+拡大地区 84.5ha)にもなる土地開発のマスタープラン(幕張新都心基本計画)が固まった.
20110618_幕張新都心_幕張メッセ_スタジアム_1056_DSC05300E20110618_幕張新都心_幕張メッセ_スタジアム_1057_DSC05306E
そのマスタープランでは,成田国際空港と首都東京の中間点の立地を生かし,幕張メッセを核とした職-住-学-遊の複合機能が集積した国際業務都市が描かれていた.そして,日本最大級のコンベンション施設である幕張メッセ(当時は,沼田城ともよばれた)も1989年に完成した.
千葉スタジアム(現,QVCマリンフィールド)も1990年に完成した.
20110618_幕張新都心_幕張メッセ_スタジアム_1056_DSC05298T1989年12月_千葉市_幕張新都心_幕張メッセ_20110618_1118_DSC05339
今の幕張メッセは当初の目標を失いつつある. そのひとつが,東京モーターショー幕張メッセからの撤退だ. そのきっかけとなったのが,2009年10月23日-11月4日までの期間に幕張メッセで行われた第41回東京モーターショーだった. この期間中の総入場者数が 61万4400人で,前回比 56.9% 減の大幅な落ち込みとなったからだ.
1989年_平成01年10月_千葉県_幕張新都心_DSC09905T千葉市_幕張新都心_幕張ワールドビジネスガーデン_210
だが,これは幕張メッセの問題とは言いきれない...
続きを読む

幕張新都心はどこへいくのか@イオンモール幕張新都心店編(12)

千葉県第2次5カ年計画において,千葉海浜ニュータウン構想が立案されたのは,1966年(昭和42年)だった. その構想をもとに,海浜ニュータウン幕張地区の埋め立てが1973年着工した. その後,1975年に幕張新都心基本計画が発表され,522.2ha(中心地区 437.7ha+拡大地区 84.5ha)にもなる土地開発のマスタープラン(幕張新都心基本計画)が固まった.
1989年12月_千葉市_幕張新都心_幕張メッセ_1119_DSC05346T1977年_昭和52年8月_千葉市豊砂地区_幕張新都心_1119_DSC05347
そのマスタープランでは,成田国際空港と首都東京の中間点の立地を生かし,幕張メッセを核とした職-住-学-遊の複合機能が集積した国際業務都市が描かれていた.
幕張新都心で未開発となっていた,豊砂拡大地区.
20110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1221_DSC0555020110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1221_DSC05553
1980 年代には,東関東自動車道京葉線が開通し,高速交通インフラも整備された. そして,日本最大級のコンベンション施設である幕張メッセ(21.7万m2)が1989年に完成. 千葉スタジアム(現,QVCマリンフィールド)も1990年に完成. さらに,幕張テクノガーデンが1990年,ワールドビジネスガーデンが1991年にオープンした.
20110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1220_DSC0554520110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1221_DSC05546
バブル景気に都心の土地が高くなり過ぎたたこともあり,幕張新都心豊砂拡大地区も,松下電器産業(現,パナソニック)や沖電気工業,日立製作所,ソニー,日本航空,三井物産などの有名企業に飛ぶように予約されていった. だが,日本はバブル景気がはじけ,順調に進んでいたとも思えた幕張新都心の開発は止まってしまった. 豊砂拡大地区で開設できたのは,会員制大型ショッピングセンターコストコホール幕張倉庫店だけだった.
1999年_平成11年_千葉市_幕張_DSC08534T千葉市豊砂地区_幕張新都心_千葉県企業庁_1120_DSC05357N
千葉県企業庁は,2012年度末(2013年3月末)の解体がすでに決まっている. この解体に向けて,保有土地の処分や市町村への引継ぎなどを進めている. 特に,京葉臨海地域の幕張新都心豊砂拡大地区の処分は急がれていた.
20110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1222_DSC0555720110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1224_DSC05569
だが,新習志野駅海浜幕張駅との中間点の場所になり鉄道交通の便はよくない. 計画されている新駅ができないと土地の販売すら難しい.
20110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1224_DSC0557020110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1222_DSC05559
だが,ららぽーとTOKYO-BAY並みの年間約 2500万人も集客できる施設ができることが決まった. 新駅予定場所前に,巨大ショッピングセンターの(仮称)イオンモール幕張新都心が出店することが決まったのだ. (仮称)イオンモール幕張新都心店の1日あたりの平均来場者数は6万人となり,その 1/4 が鉄道を利用したとしても,3万人(往復)の乗客数となる. 反対側の千葉県免許センターも相当数の乗客が見込めるため,新駅設置が急浮上している. しかし,下り線の高架橋化(上りは完了ずみ)もおこなう必要があるため,100億円以上の投資が必要となるだろう.
20110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1224_DSC0557220110618_千葉市豊砂地区_イオンモール幕張新都心_1224_DSC05574
開発地区は,2012年4月には千葉県企業庁からイオンに引き渡されたが,7月時点で工事に入るようすもなかった. このような状況では,2013年3月オープンはできないだろうといわれていた. だが,ようやく,(仮称)イオンモール幕張新都心は,予定より1年弱ほど遅れ,2013年下期中にオープンになる予定だ. では,(仮称)イオンモール幕張新都心店どのようなショッピングモールになるのだろうか...
続きを読む
重要な情報
sidebody_icon2013年になりました. 今年もこのサイトで,引き続きよろしくお願いします.

sidebody_icon以前の東京ベイ船橋ビビット2011 Part2コチラです.
お知らせ
sidebody_icon東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
sidebody_icon東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
sidebody_icon誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
sidebody_iconEnglish homepage is here.
最新コメント
アクセスカウンター

    ランキング
    人気ブログランキングへ
    サイトへの連絡
    vivit_funabashi@gmail.com
    (迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
    記事検索
    カスタム検索
    QRコード
    QRコード
    プロフィール

    vivit_2012

    タグクラウド
    ギャラリー
    • 冬の風2013-2014@船橋市浜町東水フーズの正月用マグロ販売編(28)
    • 冬の風2013-2014@船橋市浜町東水フーズの正月用マグロ販売編(28)
    • 冬の風2013-2014@船橋市浜町東水フーズの正月用マグロ販売編(28)
    • 冬の風2013-2014@船橋市浜町東水フーズの正月用マグロ販売編(28)
    • 冬の風2013-2014@船橋市浜町東水フーズの正月用マグロ販売編(28)
    • 冬の風2013-2014@船橋市浜町東水フーズの正月用マグロ販売編(28)
    • ライブドアブログ