2011年3月11日(金) 14:46 に,東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きた. 宮城県北部で震度7(激震),宮城県南部,宮城県中部,福島県中通り,福島県浜通り,茨城県北部,茨城県南部,栃木県北部,栃木県南部で震度6強(烈震)を記録した.
20120929_市川市八幡1_市川市役所_本庁舎_建替_0922_DSC0456020101017_市川市八幡1_市川市役所_本庁舎_建替_1026_DSC06255
この東日本大震災後,多くの自治体で市庁舎建て替えのための検討が活発になっている. そのほとんどの市庁舎が高度成長期に建設したもので,建物の老朽化と現在の新耐震基準を満たしていないことなどが主な理由となっている.
20090419_市川市八幡1_市川市役所_本庁舎_建替_0956_DSC0308520111231_市川市八幡1_市川市役所_本庁舎_建替_1342_DSC08153
船橋周辺の自治体だけでも,市川市,浦安市,習志野市,千葉市,市原市,木更津市などが,具体的な検討に入っている. 浦安市においては,総額110億円をかける市庁舎の建て替え計画が,震災以前から進めている.
20101017_市川市八幡1_市川市役所_本庁舎_建替_1026_DSC0625920101017_市川市八幡1_市川市役所_本庁舎_建替_1027_DSC06260
市川市八幡1丁目の市川市本庁舎も,耐震診断の結果震度6強を超えるような大地震によって倒壊する危険性が高いと判断された. 今後,いつ発生してもおかしくないといわれている東京湾北部地震の断層からも,数キロしか離れていない.
20120929_市川市八幡1_市川市役所_本庁舎_建替_0922_DSC0456420090419_市川市八幡1_市川市役所_本庁舎_建替_0957_DSC03096
市川市本庁舎は,1959年(昭和34年)に建築された第1庁舎の耐震性は Is値 0.33,1971年(昭和46年)に建築された第2庁舎の耐震性が Is値 0.34,1979年(昭和54年)に建築された第3庁舎の耐震性が Is値 0.94(耐震補強ずみ)となっている...
続きを読む